2016ビオラは歌う2コンサートツアー 詳細決定!

セカンドアルバム 緊急リリース!
ビオラは歌う2 YouTubeに絶賛公開中!

2016年5月20日発売!
音色にこだわるヴィオラ奏者、須田祥子が歌い奏でる独自の世界。
編曲の元東京フィル、ソロ・コンサートマスターでモルゴーア・クァルテットの荒井英治氏も大絶賛のヴィオラ演奏です。
この曲の世界観をビデオでお楽しみください。なおCDとは別テイクです。

MF25902.jpg

待望のセカンドアルバム
ビオラは歌う2
〜星は光りぬ ルイーザ〜

ボサノバの創始者 A.C.ジョビンの「ルイーザ」、映画音楽の名匠ニーノ・ロータの作品を含む意欲作!

2016年5月20日発売決定!

「ビオラは歌う」シリーズ第2弾遂に完成!

報道ステーションでも、ソロでその演奏が生中継された東京フィルハーモニー交響楽団首席ヴィオラ奏者の須田祥子が、待望のセカンドアルバムを発表!(2016年5月20日発売)
”ビオラは歌う”シリーズの第2弾 「ビオラは歌う2」  星は光りぬ  ルイーザ
タイトル曲のひ470とつ、ボサノバの創始者アントニオ・カルロス・ジョビンが作曲した名曲「ルイーザ」を元東京フィル、ソロ・コンサートマスターでモルゴーア・クァルテットの荒井英治氏がこのCDのために特別編曲。
この楽器を歌わせたら世界屈指のヴィオラ奏者・須田祥子の演奏は、スペシャルな編曲を得たこの名曲を、ヴィオラのもつ音色の暖かさ、色彩感を十全に使い独特な世界を創り上げている。また、松本望のピアノがこの曲が持つ情念の世界観をより重層にしている。今後ヴィオラ曲のスタンダードになってほしい一曲である。
また、この曲の演奏のように、音色を大事にした”艶のある演奏ができる”ヴィオラ奏者がどんどん出て来てほしい、そんなことを思わせるヴィオラピースだ。

ボサノバの創始者 A.C.ジョビンの「ルイーザ」、
映画音楽の名匠ニーノ・ロータの作品を含む意欲作!
シリーズ第2弾 須田祥子の『ビオラは歌う2』
プッチーニ:
私のお父さん~歌劇「ジャンニスキッキ」より
星は光りぬ~歌劇「トスカ」より
ジョビン:ルイーザ
ニーノ・ロータ:インテルメッツォ
シューマン:おとぎの絵本 作品113
ヒンデミット:ヴィオラ・ソナタ( 1939)
須田祥子(ヴィオラ) 松本 望(ピアノ)
録音2015年7月6-8日 神奈川県立相模湖交流センター
MF25902 定価¥2,800+税
プロデューサー 西脇義訓 
レコーディングエンジニア/ミックス 福井末憲
録音・制作:N&F Co.,Ltd. Tokyo 販売元:ユニバーサルミュージック合同会社 IMS

待望のニューリリース!ビオラは歌う2
2016年今春発売決定!

前回、好評をいただいた「ビオラは歌う」の第2弾「ビオラは歌う2」が
今春発売にむけて製作中です。

今回は、前回にも増して、ビオラの音色を堪能していただくべく鋭意製作中です。このシリーズおなじみのオペラからのアリアのほか、シューマンの親しみ易いメロディーで奏でるビオラの曲や、ニーノ・ロータの名曲、ちなみにこの曲は、オペラの指揮で来日した際、ニーノ・ロータとも交流のあった名匠アルベルト・ゼッダさんに、レッスンしていただき、貴重なアドバイスをいただきました。
そして、今回もっとも注目は、アントニオ・カルロス・ジョビン作曲の「ルイーザ」です。この隠れた名曲、東京フィルの元ソロ・コンサートマスターの荒井英治さんが編曲したものを使わせていただきました。近くプロモーション用に撮影した映像もアップしますが、とっても大人の雰囲気の中、人の息づく生々しさが表現されている曲で、大変気に入ってます。ビオラ弾きの方にはおなじみのヒンデミットのソナタも1曲入れています。まもなく詳細発表します。ご期待ください!

急告!
「報道ステーション」に出演決定!!
 ひとり生ライブ

2016年1月29日金曜、報道ステーションは必見

報道ステーションが月に1回放送している生中継ライブ、1月はビオラのソロ演奏で出演させていただくことになりました。
野外のため極寒の中ピアノもなく、ビオラ一本で勝負します。果たして指がちゃんと仕事してくれるのか!?その瞬間までわかりません。
曲目、中継場所は、番組放送まで発表できませんが、せっかくの機会をいただいたので、精一杯演奏したいと思います。いい演奏で、いい放送になるべく頑張ります!!応援の程よろしくお願いします。

報道番組のため、当日の状況により放送されない場合もあります。ご了承ください。

MF25901+capmini.jpg

須田祥子ファーストアルバム発売決定!
ビオラは歌う

槇原敬之さんの「ビオラは歌う」を収録

ヴィオラ再発見!
ヴィオラが歌うとこんなにも美しいか!と深い味わいのある音色を是非きいていただきたい。そんなCDが完成しました。
コンセプトはひとつ。「ヴィオラという楽器を歌わせてみたい」
プッチーニの「ボエーム」「トウーランドット」「トスカ」から「誰も寝てはならぬ」「歌に生き恋に生き」など名アリア、そして、ブラームスの美しいメロディーの歌曲からも。そしてさらにピアソラからヴィオラファン垂涎のヒンデミットのソナタまで、とにかくヴィオラの「うた」に酔いしれていただけるような1枚にしました。
アンコール的に槇原敬之さんが、2010年に「みんなのうた」で発表した「ビオラは歌う」を演奏させていただいてます。ヴィオラ奏者の気持ちをこんなにも的確に歌い上げ、かつ、人生の応援歌にもなっている名曲です。是非みなさんにも聴いていただけたらと思います。


ビオラは歌う YouTubeに絶賛公開中!

2014.
槇原敬之さんが2010年にNHK「みんなのうた」で発表した「ビオラは歌う」を
ビオラとピアノで初レコーディングしました。
メイキングビデオを公開しました。是非ごらんください。

  • 932406.jpg

レコード芸術 2014年6月号で初CD「ビオラは歌う」が準特選盤になりました。

レコード芸術6月号で、ファーストアルバム「ビオラは歌う」が濱田滋郎さんから推薦、那須田務さんから準推薦をいただきました。2014.5

  • 931405.jpg931405.jpg

音楽の友 2014年5月号に掲載されました。

音楽の友 5月号のPeople&UNA VOCEで、インタビュー取材の記事が掲載されています。
アルバム「ビオラは歌う」について取材を受けました。2014.4

  • 932405.jpg932405.jpg

レコード芸術 2014年5月号に掲載されました。

レコード芸術 5月号で、ファーストアルバム「ビオラは歌う」が、発売先取り情報としての記事が掲載されています。
是非ご覧下さい。2014.4

sarasate.me_057-cover_300.jpgsarasate.me_057-cover_300.jpg

サラサーテ vol.57 2014年3月2日発売に掲載されました。

サラサーテで、ヴィオラ特集の記事が掲載されています。
鈴木康浩さん、大島亮さんと鼎談をしました。是非ご覧下さい。2014.3


お返事までにお時間をいただく場合がございます。ご了承ください。

sudasachiko@gmail.com